3年目銀行員:武田歩の婚活徒然日記

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」という一番古い記事をご参照ください)

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」をご参照ください)

【第15回】「秋吉講太 27歳」琵琶湖花火大会【8月8日(火)】

 

 こんにちは、

武田 歩(たけだ あゆみ)

です。

 

今日も婚活日記をお送りしたいと思います。

 

 

<<前回までのあらすじ>>

武田歩、3年目銀行員、24歳。

婚活アプリで出会った27歳・鉄道会社勤務の「秋吉講太」と付き合って1ヶ月。

1ヶ月記念日に、講太から「実は前の彼女と破談になっていた」ことを聞かされた。

結婚まで考えていた人がいたのはショックだし、ちょっと嫉妬しちゃうけど大丈夫!

これから私がもっと仲を深めて、元彼女を超えてやる!

 

 

 

 

↓↓前回の記事を読む↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

 

↓↓最初の記事から読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com



 

  

 

  

 

※文体が時と場合によってコロコロ変わりますがご容赦ください

 

 

 

衝撃の1ヶ月から1週間が経った。

 

 

あの日のゼクシィ発見からの破談の過去発覚までの一連の出来事は、

かなり衝撃的ではあったが、とりあえず今は交際順調だ。

 

 

 

 

目に見えていいことがある。

 

 

あの日以来、講太の連絡頻度が前よりもあがったのだ。

毎日朝と晩にラインはもちろん、2日に1回、電話もくれる。

秘密を共有し合えたことで、二人の仲は深まった…と思ったのは

気のせいじゃなかったようだ。

 

 

 

でも、悪いこともある…。

 

 

『ゼクシィ事件』のことを思い出す度に、
たまに発作のように嫉妬の感情が私の中で沸き起こってくるのだ。

 

 

指輪は買っていたのかとか、
式場はもう決めてあったのかとか、
気になることが、どんどん出てくる…。

 


プロポーズしてもらう程愛されていた元彼女がいるということに、

私はかなりのショックを受けているらしい。

 

 

 

吐きそうなほどの嫉妬の感情に頭を支配されるのが嫌だった私は、

あの日のことを思い出さないように、常に心がけていた。

 

 

講太も、少し後ろめたさや気まずさのようなものがあるのか、

ラインや電話で『ゼクシィ事件』の事をほじくり返すような真似はしなかった。

 

 

今日も、私はゼクシィ事件のことを思い出しそうになるのを阻止するべく、

無理矢理楽しいことを考えようとしていた。

 

 

もう7月も終わりかあ。

そういえば、夏らしいこと、していないな。

なんかあるかな。

 

 

 

そんなことを考えながら、ネットでイベント情報を検索する。

 

 

あ、淀川の花火大会、来週の土曜日なんだ。

誘ってみようかな。

 

 

早速ラインで誘ってみることにした。

 


「来週の土曜日あいてる?淀川の花火大会行きたい!」

 

 

講太の既読はすぐに付いた。

が、回答は残念なものだった。

 

 

「あーごめん来週の土曜、休日出勤やねん…」

 


「そっか、花火行きたいなーどっか行けたりしないかな?」

 

すぐに返事が返ってきた。

 


「あ、じゃあ平日やけど琵琶湖は?淀川の3日後の火曜日やって!」

 


講太くん、もう調べてくれたんだ。

優しい。

 

 

 

正直、火曜日の業後に大阪から滋賀まで行くのは大変だなとは思ったが、

それよりも講太と花火大会に行けることが嬉しかった。

 


花火は20時開始だから、

定時の17時10分に退社すれば、

浴衣の着付けもギリギリ間に合う。

 

 

私は早速返信した。

 

 

「調べてくれてありがとう!じゃあ琵琶湖、一緒に行こ!」

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

花火大会当日の当日、私はかなり忙しかった。

定時に退社して、

浴衣を着つけて、

大阪から滋賀まで急いで行くのだから、

もうてんてこまいである。

 

 

 

でも、会うなり講太が

 

「歩ちゃん、会社終わりやのに浴衣着てくれたん!めっちゃ可愛い」

 

と言ってくれたので、私は報われた気持ちになった。

 

f:id:takeda_ayumi:20181012161133p:plain

 

 


琵琶湖の上で次々にあがる花火はとても綺麗で、

私は花火を見ながら、

 

 


講太くんも今日仕事だったのに、

早めに切り上げて一緒に来てくれたんだよね。

本当に、優しい彼氏。

 

  

と、一人キュンとしていたのである。

 

 

 

 

 

次に続く!

 

 

次の記事はこちら!↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

 

前回のストーリーを読む↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

 

最初のストーリーから読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注:
このブログは、
「婚活」をテーマにしたバーチャルブログ
です。(詳細はこちらの記事を参照)

武田 歩という人物は実在しませんし、

ブログは中の人の体験談をもとに作られたフィクションストーリーです。

 

(そのため、実際のブログ更新の日時と、

記事の中に記載している日付が一致していません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

武田 歩 の中の人は「ゆずもと」というアラサーOLですw

中の人のブログも良かったら見てみてくださいね!


yuzumoto.com