3年目銀行員:武田歩の婚活徒然日記

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」という一番古い記事をご参照ください)

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」をご参照ください)

【第23回】初めてのクラブで「>>1」という男に出会った【8月31日(木)】

こんにちは、

武田 歩(たけだ あゆみ)

です。

 

今日も婚活日記をお送りしたいと思います。

 

 

<<前回までのあらすじ>>

武田歩、3年目銀行員、24歳。

婚活アプリで出会った男と付き合いましたが、

実は最低二股クソ野郎だったことが判明。

色々ありすぎて疲れたから、今日は同期の千春と飲み明かすよ!

美味しいご飯は食べたし、2次会は人生初のクラブへGO!

素敵な出会いがあるといいなー!

 

 

↓↓前回の記事を読む↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

↓↓最初の記事から読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

※文体が時と場合によってコロコロ変わりますがご容赦ください

 

スポンサーリンク

 

 

千春に「クラブ行く?」と言われ、

承諾してしまったけれど、 

実は私は、これまでクラブに行ったことがない。

 

「怖くないん?」

 

と尋ねると、千春は

 

「あ、初めてなん?意外!全然怖ないでー大学生とかもおるし!」

 

と笑って言った。

 

 

 

初天神から東通りのほうにどんどん歩いていく千春。

ほどなくして、「OWL OSAKA」という看板が見えてきた。

 

 

「ここの地下やで」

 

そう言って、千春は看板の横の階段を降りていく。

 

怖い人がいるんじゃないか…とか、

ギャルじゃないとダメなんじゃないか…とか、

少し不安はあったが、私も千春に続いて階段を降りる。

 

階段を降りると、入り口の前にはスタッフが立っていて、

身分証明書の提示を求められた。

20歳未満は入店できないらしい。

 

運転免許証を見せて、入り口を通過。

 

 

「大きな荷物とかはロッカーに入れて、お酒買うお金とケータイだけ持ってフロアに出るねん。ポケットある?」

 

私は財布から千円札を5枚ほど取り出し、

スマホとともにポケットに入れたのち、

他の荷物を全てコインロッカーに入れた。

 

これでフロアに出る準備は万端だ。

 

「さ、楽しもー!」

 

千春と私は、ウキウキしながらフロアに向かった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

薄暗いフロアには大音量の音楽が流れ、

DJがいる前のステージを囲むようにして、

大量の人がひしめき合いながら踊っていた。

 

「まずはお酒を買うねん」

 

要領がわからず戸惑う私を、

すかさずリードしてくれる千春。

とてもありがたい。

 

とりあえずモスコミュールを購入。

ギャルの店員さんが、プラスチックのカップに入れて渡してくれた。

 

千春はZIMAの缶を買っていた。

 

 

「ステージの周りで踊ってる人たちはガチ勢やから、まったり飲みたい人とかは壁沿いに行くねん」

 

 

ほう、クラブにはそんな住み分けがあるのね。

勉強になる。

 

 

確かに、ステージ付近の人は飛び跳ねるのに忙しそうで、

お酒を持っている人はいない。

一方、壁沿いや後ろ側の人は、

みんなお酒を飲みながらゆったりとしているようだった。

 

 

千春と私は 壁沿いの空いているところを見つけ、

そこを陣取った。

 

にぎやかな雰囲気だからか、

音楽を聴きながらぼんやりお酒を飲んでいるだけでも、

なんだか楽しくなってくる。

 

「な、全然怖くないやろ?別に踊らんとお酒飲んでるだけでもいいし」

 

千春が言った。

 

「うん、なんか雰囲気だけでも楽しい!」

 

私がそう答えたとき、

数メートル先にいた2人組の男性が近寄ってきて

 

「ねえねえ、一緒に喋らない?」

 

と話しかけてきた。

 

 

2人とも仕事帰りだろう、スーツ姿だ。

見たところ私と同い年か少し上くらい。

 

 

一人は芸人系で、短髪でフジモンみたいな顔立ち。

どこのコミュニティにもいそうなタイプだ。

いい人そう。

 

もう一人は、天パなのか、短めのややクルクルの髪型だ。

顔は…ちょっと高橋一生に似てるかな?

うん、ちょっと天パで、やや肌が汚くて一般人ぽい高橋一生だ!w

 

f:id:takeda_ayumi:20181019191755p:plain

 

 

 

クラブって、こういうナンパみたいなのもあるのね。

私は千春が、「素敵な出会いがあるといいね」と言っていた意味がわかった。

 

 

 

「いいですよー!ねえ、歩?」

 

ニコニコと二人組に対応する千春。

慣れているw

 

 

フジモン「やったー!二人は何の関係なん?」

 

千春「会社の同期ですーあ、私たち銀行員してて~」

 

フジモン「へー!実は俺らも金融でー!保険やねんけど~」

 

千春&私「えー!偶然ー!」

 

 

 

薄暗い空間でお酒が入っているせいか、

初対面なのに一瞬で会話が盛り上がる。

 

 

 

最初のうちはしばらく4人で話していたが、

途中でフジモン

「なあ、飲み物買いに行こ!」

と言って、千春を連れてどこかに消えてしまった。

 

 

 

 

残された一生と私。

 

 

 

「名前、何て呼んだらいい?」

 

一生が聞いてきた。

 

「あゆみ。そっちは何て呼んだらいい?」

 

「あゆみちゃんね!OK。俺のことは、イチって呼んでよ」

 

 

イチって、あだ名かな。

本名がユウイチとかなのかな?

 

 

「あゆみちゃん、クラブとかよく来るの?」

 

「ううん、今日が初めて!千春が連れてきてくれて」

 

「千春ちゃん?ああ、さっきの子。藤木さん、千春ちゃんのことロックオンしてたね~笑」

 

 

あのフジモン、名前までフジモンに寄せてきてるやん。

私は笑いそうになった。

 

話しているうちに、イチのプロフィールが判明してきた。

 

 

26歳、東京出身。

大学も東京の私立大学で、

社会人1年目のときに大阪にやって来た。

外資系の生命保険会社に勤めているらしい。

(アヒルのとこか、メッ〇ライフあたりかな…?)

 

 

ゆっくりめの標準語で話すせいか、

イチからはほんわかした印象を受けた。

 

どうやら性格も少し天然らしく、

思わず笑みがこぼれてしまうような言動や行動も多かった。

 

 

 

私が好きなものを聞かれたときに

 

「かわいい動物が大好き~」

 

と答えると、

 

「あ、じゃあ競馬行く~?」

 

と言ってきたし(普通は動物園とかだろうww)、

 

 

飲み物を買うときに

 

「お酒何にしようかなあ」

 

と迷っていたら、

 

ロングアイランドアイスティー2つ!」

 

と、私の分まで勝手に注文した。

 

 

 

私のびっくりした顔を見て、

イチは初めて自分が先走ったことに気付いたらしく、

 

「あ、ごめんロングアイランドアイスティーおいしいから思わずあゆみちゃんの分も頼んじゃったwww良かった?」

 

とあわてて謝ってきた。

 

 

 

この人、なんかかわいい。

天然ぽいし

講太みたいにスマートな感じはしないけど、

多分いい人なんだろうなあ。

なんか不器用そうなのも、

女慣れしてないっぽくて好感度マル。

いいかも、この人。

 

 

そんな事を思っていると、

 

「歩、そろそろ帰ろ!」

 

と、ふいに後ろから声をかけられた。

 

 

 

千春だった。

フジモンもいる。

 

 

慌ててスマホを見ると、もう23時半になっていた。

千春の言う通り、終電がせまる時間だ。

 

 

「イチくん、じゃあ私そろそろ…」

 

 

私がそう言うと、イチはスマホを取り出し、

少し操作をしてから、それを私に向かって差し出した。

 

画面を見ると、QRコードが表示されている。

 

 

「あゆみちゃん、これラインの連絡先。友達追加してよ」

 

 

私もスマホを取り出し、ラインのアプリでQRコードを読み取る。

 

 

 

プロフィール写真は、馬の顔のどアップ写真。

名前は「>>1」だった。

 

 

f:id:takeda_ayumi:20181019191843p:plain

 

 

 

…あ、馬、好きなんだ。

だから『可愛い動物がいるところ=競馬場』という認識だったのね。

いやでも馬の顔、近すぎひん?

何かこう、駆け抜けてる馬の全体写真とか、

もうちょっといい写真あったんちゃうの?

てか、名前!!

イチって、カタカナか何かかと思いきや『>>1』て!

2ちゃんねらーやん絶対ww

本名は一体何なんだろうww気になるww

 

え、どうしよこの人、めっちゃ面白いやんww

 

 

 

 

キャッチーなラインのプロフィール画像と名前の表記に

私は思わず突っ込みそうになったが、

失礼かもと思い、口に出すのはやめた。

 

 

「ありがとう追加した!あとでラインするね!」

 

 

私は『>>1』にそう言い、千春と一緒にフロアを出た。

 

 

ロッカーから荷物を取り出しながら千春が、

 

「楽しめたみたいで良かったーさっきの人、いい人そうやったなあ」

 

と言ってきた。

 

 

 

「確かに、いい人そう。てか面白そうw顔もやや高橋一生ぽいし、いいかも。」

 

 

私はそう答えながら、『>>1』に新しい恋愛の予感を感じていたのだった。

 

 

 

次に続く! 

 

スポンサーリンク

 

 

前回のストーリーを読む↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

最初のストーリーから読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注:
このブログは、
「婚活」をテーマにしたバーチャルブログ
です。(詳細はこちらの記事を参照)

武田 歩という人物は実在しませんし、

ブログは中の人の体験談をもとに作られたフィクションストーリーです。

 

(そのため、実際のブログ更新の日時と、

記事の中に記載している日付が一致していません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

武田 歩 の中の人は「ゆずもと」というアラサーOLですw

中の人のブログも良かったら見てみてくださいね!


yuzumoto.com