3年目銀行員:武田歩の婚活徒然日記

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」という一番古い記事をご参照ください)

24歳銀行員が婚活で起きた出来事を赤裸々に綴るブログ…という体のバーチャルブログです。 (詳細は「このブログについて」をご参照ください)

【第25回】これからクラブで出会った外資系保険会社勤務の「今田忠二 26歳」とデートに行くんだが、不安しかない【9月8日(金)】

こんにちは、

武田 歩(たけだ あゆみ)

です。

 

今日も婚活日記をお送りしたいと思います。

 

 

<<前回までのあらすじ>>

武田歩、3年目銀行員、24歳。

この前、同期の千春と行ったクラブで、

高橋一生似でちょっと天然の、今田忠二という男に出会った。

まだゅうじ』だから、あだ名はイチ(字面は『>>1』)らしい。

ライン交換して、やり取りをはじめたんだけど、

何かちょっと天然?電波系?で、話が噛み合わない感じ。

合わなさそうだしもう連絡止めようかな…?

でもその前に、とりあえず1回ご飯だけでも行ってみるか…。。

 

 

 

↓↓前回の記事を読む↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

 

↓↓最初の記事から読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

※文体が時と場合によってコロコロ変わりますがご容赦ください

 

スポンサーリンク

 

 

 

9月8日、金曜日。

ついに、今田忠二とのデートの日がやってきた。

 

 

デートが決まってからの1週間、

今田忠二と私は一応ラインのやり取りを毎日していた。

 

 

一応、というのは、毎日5往復くらいで私が止めていたからだ。

 

 

今田忠二は私が予想したとおり天然(というか電波系)で、

毎日たった5往復のやり取りなのに、

意味不明な返しをしてくることが多かった。

こちらが聞いてることに、的確な回答をくれないのだ。

 

 

(例)ある日のやり取り

忠:「おつかれさま~(^^)」

私:「おつかれさまです(^^)」

忠:「あゆみちゃんも仕事終わった~?」

私:「終わりましたよー」

忠:「そうか~」

私:「そうですよー」(ちょっと、聞いたくせに「そうか~」って終わらすんかい)

忠:「今日は三重まで行ったよ~」

私:「出張ですか?」

忠:「伊勢神宮見えたよ~三重だけに!」

私:(めんどくさっライン止めよ)

 

 

しかも、会話が噛み合わない上に

微妙に面白くないオヤジギャグ的なものを混入させてくるから、

結構イライラする。

 

 

そして、毎回私がラインを止めているのに

毎日仕事終わりにラインを送ってくるのも、

何だかちょっと嫌だった。

 

 

 

私は結構まめな方で、

即レスにはまあまあ定評があるのだが(講太と付き合っていたときもラインは即レスしていた)、

今田忠二に関しては違っていた。

 

 

もうこの時点で、多分私は

「おそらく絶対今田忠二のことがあまり好きではないのだろう」

と気づいていたのだが、

一度デートに行ってから連絡を続けるか判断しようと決めたので、

そこまでの繋ぎとして、一応連絡を取り合っている状況だった。

 

 


の人、ラインだとしんどいけど

クラブで出会った時は話してて楽しいと思ったし、

ちょっと天然ぽい行動も可愛いと思ったし、
多分、会って会話すると
天然でかわいいな~ってなるやつや
そうやそうや。それに違いない。

 

 

今田忠二からイラッとする噛み合わない返信や謎のオヤジギャグがとんでくる度に、

私は自分に何度も言い聞かせた。

 

 

それに、私には

「会った時の印象は良かったからきっと大丈夫だ」というかすかな希望とは別に、

ちょっとした腹黒い打算のようなものがあった。

 

 

高橋一生に似てて、顔は悪くない。

東京の私大卒→外資系保険会社だと言ってたし、

もしかしたら結構ハイスペックな人かも。

アフ〇ックとかメッ〇ライフとかプルデン〇ャルとかなら、

絶対年収高いよね。

大学も、私学ってことは早慶かMARCHあたりかな…?

一度もデートせずに、ラインだけで判断するのはもったいない。

 

※ここまでに判明している忠二の情報…

26歳、東京出身。
大学も東京の私立大学で、
社会人1年目のときに大阪にやって来た。
外資系の生命保険会社に勤めているらしい。

 

 

 

 女のいやらしさや計算高さを前面に押し出したこんな考え方に、

嫌悪感を抱く方もいるかも知れないが(とくに男性の方)、

あえて正直に書いた。

だって、自分の思いが好きに綴れるブログだもの!w

 

 

・・さてさて。

 

 

そんなわけで、今日まで何とか連絡を繋いで、

今日のデートの日を迎えたわけだが、

 

いざその日を迎えてみると、私は少しウキウキしていた。

 

 

ちょっと天パでちょっと肌荒れもあって一般人ぽいが、

高橋一生に似ているハイスペック男子(多分)とご飯に行けるのだ。

 

 

退社したあと、駅のトイレで化粧を直しているとき、

私は待ち合わせ場所と時間を決めていなかったことに気付いた。

 

 

「今日、19時に大丸の入り口前集合とかでいいですか?」

 

早速ラインしてみる。

すぐに既読が付き、返事が返ってきた。

 

「OK~(^^)」

 

 

化粧直しやら何やらを済ませ、

待ち合わせ時間5分前に着くように大丸前に向かった。

 

 

私が大丸前に着いた時、

周りにはちらほらと人がいたが、

今田忠二はまだいないようだった。

 

 

隅っこの方で待ってよう。

そう思い、入り口の隅っこに行こうとしたとき、

見知らぬスーツの男性が近寄ってきて、

私の前で立ち止まった。

 

 

「あゆみちゃんだよね~?」 

 

 

その男は、今田忠二だった。 

 

 

…ん?こんな顔だっけ?

高橋一生に似てると思ってたけど、全然似てない…。

共通点があるとすれば、垂れ目くらい…?

 

 

クラブの薄暗い明りの下、

私が酔っぱらい状態で記憶した今田忠二の顔と、

今目の前にいる男の顔は、

結構かけ離れていた。

 

 

 

しかも、何だか清潔感がない。

シャツも自分で適当にアイロンをかけているのか、よれよれ。

肌も、会った時も少し荒れているなとは思ったが、

記憶していた以上に汚い。

生まれつきのアトピーとかではなく、

不摂生からくるニキビっぽい肌の荒れ方だ。

ギトギトしている。

 

 

 

f:id:takeda_ayumi:20181020220458p:plain

 

 

 

…酔ってる時の記憶って、こんなに曖昧なもんなんだ。

あとクラブの雰囲気にテンションが上がってて、

謎の補正がかかってしまったのかな。

「クラブマジック」おそるべし・・・・!

 

 

私は、「パネルマジックに引っかかってしまった男性※」ってこんな気持ちなのかな…と思った。

※風俗店にて、パネル写真を見て可愛い子を指名したはずなのに、実際に出てきたのはモンスターだった…という被害にあった男性のことをこう言うらしいよ

 

 

これから数時間、

私はこの清潔感のない男とご飯を食べなくてはならないのか。

あの噛み合わないラインの感じだと、

会話ももつか不安だ。

 

 

 

私はこの1週間持ち続けていた

「会って話したときは楽しかったから大丈夫!」

という自分の希望をもはや信用していなかった。

 

顔の造形すら、お酒とクラブの雰囲気補正でかなり良い風に記憶していたのだから、

頼りにしていた「楽しく会話した」記憶も、

自分の頭が勝手に補正をかけているだけの可能性が高い。。

 

 

 

見た目からして不潔感あるし、帰りたい…。

不安しかない。 

 

 

 

一方、今田忠二は私との再会を喜んでいるようだった。

 

 

「お店、こっちだよ~♪」

 

 

いそいそと歩き出そうとしている。

 

何だかもう帰りたいけど、

ここで帰ったら人としてダメな気がするし、

ついて行くしかないだろう。

 

 

 

ああ、帰りたい…。

 

 

 

次に続く! 

 

スポンサーリンク

 

 

次のストーリーはこちら↓↓

ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

前回のストーリーを読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

  

最初のストーリーから読む↓↓
ayumi-konkatsu.hatenablog.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注:
このブログは、
「婚活」をテーマにしたバーチャルブログ
です。(詳細はこちらの記事を参照)

武田 歩という人物は実在しませんし、

ブログは中の人の体験談をもとに作られたフィクションストーリーです。

 

(そのため、実際のブログ更新の日時と、

記事の中に記載している日付が一致していません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

武田 歩 の中の人は「ゆずもと」というアラサーOLですw

中の人のブログも良かったら見てみてくださいね!


yuzumoto.com